FXの基本

1pipsを笑うものは1pipsで泣く【スキャルピング格言】

短時間に少ない利益を積み重ねていく手法のスキャルピング。

スプレッドの低いFX会社でトレードするのはもちろんですが、それ以上に1pipsを大事にしなければなりません。

なぜなら、スキャルピングでは1pipsの積み重ねによって、少ないながらもトレード回数を増やすことによって、トータルのpips獲得数を増やしていく手法になるからです。

 

そのため、スキャルピングでは1pipsが非常に大事になります。

ちなみに1pipsと言えば1万ドルのトレードで100円の計算になりますが、スキャルピングではこの100円を馬鹿にしている限り、継続的に稼ぐ事は難しくなるため注意が必要です。

スキャルピングでは1pipsを笑うものは1pipsで泣く

スキャルピングでは、1回のトレードで50pipsや100pipsもの為替差益を稼げる事は、トレード手法にもよりますがほぼ不可能だと言えます。

もっとも、スキャルピングは短時間勝負なので、為替レートが短時間に保有ポジションの方向へよほど大きく動かない限りはこれほど大きな利益を稼ぐ事は難しいです。

50pipsや100pipsなんて、もはやデイトレードの域になります。

 

それはともかく、基本的にスキャルピングでは少ない利益の積み重ねによって為替差益を稼ぐ手法になりますので、この1pipsを馬鹿にしていると後々大きな差となって表れてくるのです。

例えば、スキャルピングを100回トレードした場合、利益を1pipsケチる、または損失を1pips多く出したとしたらトータルで100pipsもの差となって表れてくるのです。

トレード単位が1万ドルでは1万円、10万ドルでは10万円もの差となるのです。

 

つまり、トレード単位が多くなればなるほどその差は大きくなってくるため、スキャルピングが薄利とはいえその利益は大事に扱う必要があります。

スキャルピングではFX会社のスプレッドも重要です

スキャルピングでは、1pipsを笑うものは1pipsに泣く事になりますが、これは何もトレード手法に限った事ではありません。

FXトレードではFX会社のスプレッドも必要経費になりますので、少ない利益を積み重ねるスキャルピングでは、このスプレッドが低いに越した事は無いのです。

 

例えば、USDJPYのスプレッドがA社では1pips、B社では0.3pipsだった場合、スキャルピングでエントリーした時点で0.7pipsの差が出てしまうのです。

これが、トレード単位1万ドルで100回トレードしたら、7,000円の差になってしまいます。(100回×70円=7,000円)

エントリーしただけでこの差が出るのですから、スキャルピングではFX会社のスプレッドの低さは非常に重要になってくるのです。

 

さらに、FX会社によっては新規エントリーや決済時にスリッページが発生する場合がありますので、このスリッページも重要になってきます。

つまり、スキャルピングでは、トレード手法はもちろんですがFX会社のスプレッドやスリッページなどのトレード環境も含め1pipsの積み重ねが非常に重要になってきます。

ですので、もしあなたがスキャルピングを行うのであれば、トレード毎に1pipsを大事にして下さい。

 

たかが1pipsと侮っていると結果的に1pipsに泣く事になります。

FXスキャルピングではテクニカル分析が必須

当サイトではスキャルピング手法についてメリットやデメリット、お勧め出来る方やお勧め出来ない方の説明をしてきました。

もっとも、メリットやデメリットはもちろんですが、スキャルピングを行うためには、それ相応のスキルが必要になってきます。

ですので、ある意味スキャルピングは使う方を選ぶ手法になりますが、スキャルピングを使う事が出来ると分かっても、実際にどのようにして行うかが分からなければスキャルピングを行う事が出来ません。

 

ここからはFXスキャルピング手法のテクニカルや時間軸について説明します。

この事が分かっていれば、スキャルピングである程度継続的に稼ぐことが可能になりますので是非覚えて下さい。

スキャルピングで使うテクニカルについて

スキャルピングと言えども、テクニカルを使わなければトレードする事が難しくなります。

そこで、ここではスキャルピングで使うテクニカルについて説明します。

使うテクニカルは2~3種類でOK

ポジションを長期間保有し続けるスイングトレードでは、テクニカルはもちろんですがファンダメンタルズ分析も重要になってきます。

もっとも、これは長期間保有しますので、この間に重要な経済指標の発表や高官による発言があってもおかしくは無いからです。

 

ただ、短時間でトレードが完了するスキャルピングでは、あまりファンダメンタルズ分析は参考になりません。

もちろん、スキャルピングを行っている最中に起こった突発的な出来事については、何らかの対応が必要にはなってきます。

 

そして、このテクニカルですが、複雑に組み合わせれば稼げると思い5~6種類程度の組み合わせでトレードを行っている方がいるようですが、スキャルピングではテクニカルが多ければ多いほど不利になる可能性があるのです。

というのも、スキャルピングでは短時間でトレードを繰り返していく手法になりますので、テクニカルが多ければ多いほど、それぞれのテクニカルが干渉してしまうため結果トレードチャンスが減少してしまうからです。

あるテクニカルでは売買サインが出ているのに、別のテクニカルでは売買サインが出ていないためにトレードチャンスを逃してしまう事もあります。

 

ですので、スキャルピングでは、組み合わせるテクニカルはなるべくシンプルにした方がトレードチャンスが多くなると共に何かあった時にも微調整が可能になります。

ちなみに、スキャルピングで使っているスタンダードとも言えるテクニカルは、ボリンジャーバンドとRSIの2種類というものがあります。

これだけでも、テクニカルの特性を理解していればある程度のトレードチャンスを確保しながら稼ぐ事が可能です。

 

もちろん、売買ポイント以外でのトレードは行わない、損切りポイントでは必ず損切りを行うなどのリスク管理が重要になってくる事は言うまでもありません。

使う時間軸は1分足または5分足

スキャルピングでは短時間で雌雄が決しますので、長い時間軸(30分足や1時間足など)を使っているとトレードチャンスが少なくなる、またはトレード時間が長くなってしまう可能性があります。

トレードチャンスが少なくなったり、トレード時間が長くなってしまっては、それはもうスキャルピングとは言えなくなってしまいます。

ですので、スキャルピングではトレードチャンスやトレード時間を考慮して、より短い時間軸(1分足や5分足)を使いながら行った方が良いです。

FXスキャルピングで絶対にやってはいけない事

FXトレードで稼ぐためには稼げる手法と強いメンタルが必要です。

それは、稼げる手法を為替相場に何が起こっても手法通りに実行出来る強いメンタルがあればトレードで継続的に稼ぐ事が可能だからです。

 

ただ、これは少しメンタルにも関係してくると思いますが、FXトレードで継続的に稼ぐためには、これは原則と言うか基本的な事になりますが、これから説明する事は決して行ってはいけないのです。

これは、FXをやっている方であれば誰でもそうだとは思いますが、トレードでは継続的に稼ぐ事が出来なければ継続的な収入にはなりませんので、何としても継続的に稼ぎたいと思いますが、これをやってしまうと一瞬にして利益が吹き飛んでしまう可能性があるのです。

これをスキャルピングでやってはいけません

これは、特にスキャルピングだけでは無く他のトレード手法にも当てはまりますが、体力的や精神的に疲れが残っている状態=疲労困憊の時には決してトレードしてはいけません。

少し考えれば分かる事ですが、疲労困憊の時には思考回路が停止している可能性が高く、そんな状態で為替相場と向き合っても何をするにも判断が遅れる、もしくは正確な判断する事が出来ない場合が多いため、結果的に損失を出す可能性が高くなるからです。

 

そして、これは短時間でトレードが完了するスキャルピングでは、特にやってはいけない事になります。

というのも、スキャルピングでは短時間での素早い判断と正確なパソコン操作が求められますが、疲労困憊の状態では為替相場の動きに脳内の命令系統と体の反応が付いていけず、本来の売買ポイント以外でエントリーしてしまう、つまり誤発注が多くなる可能性があるからです。

 

特に、日中仕事をしてから自宅に帰ってきてFXトレードをする事が多いサラリーマンの人は夕方から夜間のトレードに限られる場合が多くなります。

すると、トレード時間が限られているため、仕事疲れで疲労困憊の時にも無理をしてトレードを行ってしまう場合もある事でしょう。

ただ、疲労困憊の時には正確な判断が出来ない可能性が高くなりますので、こういった時には思い切ってトレードを休む事も必要だと思います。

FXトレードの世界には休むも相場という言葉もありますので、何も焦る必要はありません。

それに、為替相場は元旦や土日を除く24時間動いていますので、体調が回復してからトレードしてもチャンスはやってくると思います。