FXの基本

FXトレードの外国通貨と円高・円安の基本

FXトレードで取り扱える外国の通貨と円高や円安について整理しておきましょう。

FXトレードで扱える通貨

FXトレードでは、各国の通貨を選んでトレードを行っていく訳ですが、この通貨の中にはメジャーな通貨(例えば米ドルやユーロ、ポンドなど)やマイナーな通貨(例えばランドやトルコリラなど)など、さまざまな種類があります。

ただ、FXトレードでは各通貨によって独特の動きをするものもあり、FX初心者の方の場合はある程度取引通貨を絞ってトレードした方が結果が良くなる可能性があります。

 

例えば、ポンドは動きが他の通貨と比べて激しいとか、ランドは他の通貨に比べて動きが緩やかだとか、各通貨によって特徴があるのです。しかし、それ以前に取引通貨の種類や通貨の呼び名(FX専門用語)なども覚える必要がありますので、今回の記事ではFXトレードにおける取引通貨について説明します。

FXでは通貨の呼び名がある

これは、FXだけでは無く金融商品全般で言える事ですが、各通貨には独自の呼び名があるんですよね。例えばUSDJPYでは米ドル円となり、EURUSDではユーロ米ドルというように、各通貨ごとに呼び名があるのです。

ちなみに、メジャーどころの通貨では、GBPJPYはポンド円、AUDJPYは豪ドル円、NZDJPYはNZドル円、CADJPYはカナダ円、CHFJPYはスイスフラン円という呼び名があります。

そして、FXトレードでは、基本的にUSドル(米ドル)を中心として各通貨の取引単位が決められています。

例えば、GBPJPYの場合、ポンドと米ドル、米ドルと日本円という感じで、米ドル(円)を掛け合わせて(クロスさせて)人工的に作られた為替レートになっています。

 

  • 例:GBPJPYの計算式

    GBPJPY 114.540

  • USDJPY 119.88
  • GBPUSD 1.5466

この場合のGBPJPYの算出方法は、GBPUSD=1.5466×USDJPY=119.88≒185.40(=は185.4064…)となるのです。FX初心者の方の場合、最初は難しく考えてしまうかも知れませんが、慣れてしまえば簡単な計算式になります。

とは言っても、わざわざこんな計算をしなくてもFX会社の取引画面を確認すれば、各通貨の為替レートはすぐに分かります。

ちなみに、FXトレードではUSDJPYを介して交換が行われている、先程のEURJPYやAUDJPY、GBPJPY、CADJPYなどの通貨ペアをクロス円と呼ばれています。

一方、USDJPYやEURUSD、EURCHF、EURGBPなどの通貨ペアをストレートペアと呼ばれており、米ドルが絡んだ通貨ペアの事をドルストレートと呼ばれています。

例えば、USDJPYやEURUSD、GBPUSDなど、USDが入っている通貨ペアの事になります。

FXでは円高や円安に左右される

今回説明する円高や円安は、特にFXトレードに限らず、私たちが普段生活している環境下でも良く聞く言葉になります。

テレビやインターネットで、今日は円高になっていますね、円安になっていますね、などと聞くかと思いますが、何がどうなって円高なのか円安なのかが今一つ分からない方もいる事でしょう。

 

さらに言えば、現在は円高なので輸入関連商品や企業、さらには海外旅行には有利だが、反対に輸出関連商品や企業には不利になるという話も聞いた事があるのではないでしょうか?

ですので、ここでは円高や円安と聞いても混乱する事無く理解出来るように説明します。

FXにおいて、現在の為替相場が円高になっている、または円安になっている事を知る事はとても重要になってきます。

円高や円安の意味とは?

この円高や円安の意味ですが、現在日本円が海外の通貨に対してその価値が高いのか安いのか?になります。

例えば、今まで米ドル円(以下USDJPY)が1ドル100円だったにの対して、今日は98円になったとします。

この場合、今までUSDJPYを1ドル100円出さないと買えなかったものが、今日は1ドル98円で買う事が出来ますよね?

 

つまり、今までよりも1ドル=2円安く買う事が出来るのです。

2円安くと聞くと何だか日本円の価値が安くなったと勘違いされる方もいるようですが、実際には1ドル買うのに2円少なく済みますので、結果日本円の価値が高く=円高になるのです。

 

反対に、今まで米ドル円(以下USDJPY)が1ドル100円だったにの対して、今日は105円になったとします。

この場合、今までUSDJPYを1ドル100円出さないと買えなかったものが、今日は1ドル105円出さないと買う事が出来ません。

 

つまり、今までよりも1ドル=5円も多く出さないと買う事が出来ないのです。

5円多くと聞くと何だか日本円の価値が高くなったと勘違いされる方もいるようですが、実際には1ドル買うのに5円多く出す事になりますので、結果日本円の価値が安く=円安になるのです。

という事は、簡単に言えば円の数字が下がったら円高、円の数字が上がったら円安と考えれば覚え易いと思います。

何故円高では輸入や海外旅行が有利なのか?

これについては、先程の円高の部分を思い出していただければ話は簡単かと思います。

例えば、現在のUSDJPYが1ドル100円だったとします。

この時に100ドルの商品を輸入した場合、100円×100ドル=10,000円の支払いになりますが、これが1ドル90円になれば90円×100ドル=9,000円の支払いで済む事になります。

 

つまり、円高になれば支払いが少なく済みますので、結果輸入商品や輸入企業が有利(儲かる)事になるのです。

また、海外旅行ですが、例えばハワイに行って10ドルのお土産を買ったとします。

この場合、1ドル100円であれば100円×10ドル=1,000円の支払いですが、これが1ドル90円であれば90円×10ドル=900円の支払いで済むからです。

ちなみに、円安になればこれとは逆になりますので、輸出企業が有利になる一方、海外旅行では円高と比べて余計なお金を支払う事になりますので、不利になります。